Emacsでsudo

不定期にEmacsでsudoしたいということがある。
sudo emacs で別に起動してもいいのだけど、ちょっと嫌ですよね
で、@h_hiraiさんから教えてもらったのはssh+sudoという素敵なものだったので、
ここにまとめておく。すべてC-x C-fで開くものに入力する文字列

sudo(localでroot権限編集したいとき)

/sudo::/path/to/file

ssh(remoteのファイル編集)

/ssh:username@hostname:/path/to/file

ssh+sudo(remoteでroot権限編集したいとき)

/ssh:username@hostname|sudo:hostname:/path/to/file

参考: qiita.com

qiita.com

qiita.com

自宅Windowsマシン復旧をMacで頑張る

先日、妻がWindows10マシンを久しぶりに触るということで、
使う前にWindows Updateをしていたようです。
その結果、画面にゴミ箱しかない状態が発生しました。
↓ ですね。 forest.watch.impress.co.jp

何か見覚えがあるな?と思ったら自分自身も含め2ヶ月前くらいにも
Windows Updateで社内のマシンを破壊しまくったやつ。
あのときは情シスの人にぶん投げたら復旧してくれたのだけど、
今回は私がやらんといかんよね。ということで調査。

いくつか試してみたけど、結局インストールメディアによる修復が必要というオチ。
これを書いている今だともしかしてディスクどっかに持っているのかな?とか思うけど、
少なくとも自分の把握する範囲にはそんなものないから自分で作るしかない。
問題は自分の自宅マシンはMacなところ・・・・

結論
  1. USBメモリ購入
  2. ISOダウンロード
  3. unetbootinでディスク作成
  4. ゴミ箱以外も表示される一時的な管理者権限持ちユーザを作成
  5. 4.で作成したユーザでディスクを認識させて修復

という手順で修復完了。今は元気です。 参考: hdwe.biz

www.addictivetips.com

ちょいハマりポイント

多分ググって一番最初に辿り着いたのは下記ページ

ottan.xyz

これを素直に実行して作ったメディアはWindowsが認識してくれないです。
多分、こちらの記事はあくあでBootCampにWindowsを入れるためのもので、
今回の用途とはまた違う話なのでしょう。
おそらく原因はunetbootbinを使う手順でも触れられているドライバの問題だと思われる。

TechCrunch Tokyo 2018(スタートアップバトル)

20社でFirst Round(?)して、6社でFinal Round。
このために参加している気がしなくもない。
例によって印象に残ったもしくは興味を唆られたやつを
いや、正確に言うならば今ピックアップする気になったやつか

KURASERU www.kuraseru.jp 介護施設のマッチングサービス
病院は空きを作れて、退院する患者は介護施設が見つかり、
介護施設稼働率(?)が上がる。
Win-Winなやつ。これがあったらうちの実家も楽ができただろうか?わからんけど

OKIPPA www.yper.co.jp うちもMakuakeで出資した宅配ボックス
杉並区(?)で実証実験するから、今なら先着何名かタダでゲットできるらしい
とりあえず宅配ボックス便利です

harobot inaho.co 自動収穫ロボット!農業人口減るから機械化大事ですよね。
現状ではアスパラときゅうり(?)を自動で収穫してくれる。
デモ映像見た感じ、白線検知やらで決められたルートをロボットが移動、
行く先々で収穫対象のサイズをセンサで測定し、収穫期ならば収穫!

MUSCA musca.info 投票した会社!そして見事最優秀賞を獲っていらっしゃった!
雑に言うと、蝿を使って生ゴミから飼料と肥料に変える!
従来、生ゴミは処理するのにお金が必要なものだったが、
これからは生ゴミがお金を生み出す!凄い!
世界で戦うために経験豊富なCEOを探していて、
速やかにCEOを降りるのがミッション!と言っていた暫定CEOもいい味出してらっしゃった。

nearMe nearme.jp 正直使うのは怖い&多分考えたことある人は多いだろうサービス
タクシー相乗りアプリ!これで終電後のタクシー待ち行列をさばく!

4D Gravity aeronext.blue ドローンの敵はやっぱり風!
ハードウェアから再設計することで、重心の位置を安定させるために
ジンバルを開発。これをライセンスしてドローンメーカーに売るらしい。
CIPOをおいて、特許というか知財にかなり力を入れているらしい。
ドローンメーカーの内製とか自社研究とどう戦うのか?それとも戦わずに済むのか?気になる

1D corporate.oned.jp 歯科医師専用のSNS!スーパーニッチ!と思ってまずは気になる
日本の歯科医師数=7万人、歯科医院数=10万軒。らしい。
つまり一人でやっている開業医だらけ。というわけで孤独らしい。
歯科医師の飲み会に行くと写真を見せ合いつつ歯の話をずっとしている!
という嘘かホントかよくわからん話がとても印象深かった。

Porker www.eco-pork.com 養豚の効率化!食料大事!豚も美味しい!
やっぱりここでもデータが大事!というのが印象に残った。
あとは、ニーズがあるから作ったのではなく
これから必要になるはずだ!ということで立ち上げたらしい
熱い!!!どうでもいい情報としてはw、いい肉の日にこの会社できたらしい

最後の講評(?)でも言っていたけど、社会課題を解決するタイプのプロダクトが多かった。
上では触れていないけどJobRainbowというLGBT向けの就職支援とか。
そしてそれで利益を上げるってすごいなぁ・・・という刺激を受けたわけでした。まる。

TechCrunch Tokyo 2018

今年も行ってきた。お金払うのは3年連続だけど、参加は2年連続。
2年前は仕事終わらんかったんだよね・・・確か

とりあえず折角だから印象に残ったところだけメモからここに載せてみる。
スタートアップバトル以外のところで印象に残ったやつを・・・

ecbo cloak cloak.ecbo.io

ここは去年のスタートアップバトルにも登場していたはず。
カフェとか店舗の空きスペースに荷物を預けられるサービス。
カフェとかも預けたついでに軽くコーヒー飲んでくれるとか期待できる。
実際、コインロッカー見つからずに困ることあるしいいよね(まだ使ったことない)。
何やら本田圭佑も出資したとかでちょっと驚いた。
伝票書くとかもなく、写真一発の使いやすさ。世界展開していくつもりだと

Scouty scouty.co.jp 去年かなり印象深かった会社。元気らしい(雑コメント)

Spire www.spire.io 下着とかに付けて健康管理するような何か
Apple Watchとかと競合するものではないようだ。
相互補完関係にあるとの説明。
いくつかのセンサを組み合わせていて、特に呼吸のセンシングが独自で新しい模様。
インフルエンザの予兆を呼吸から・・・・みたいな話があった。

ハカルス hacarus.com AIの会社だけどDeep Learning使ってません!という冒頭の宣言?が非常に好感度高いw
スパースモデリング使っている模様。
既にビッグデータ持ってますよ!とかブラックボックスな意思決定で困らないならば、
Deep Learningの方がいいと思うとも。
誰もいない部屋の動画を数秒間流すことでデバイス側で学習完了!からの
人が入ってきたら人影検知はインパクトデカかった!
FPGA使っていると言っていたのはここだっけ?記憶が曖昧

HotSpring Hotspring, Inc. 株式会社Hotspring
Travel Now TRAVEL Now(トラベルナウ)|思い立ったら すぐトラベル
旅行セッションでこの2社が出てきた。
両方知らんかったけど、後者はBANK(CASH)の人。
全力で人を信じて先にお金を渡していたのがCASH、
先に旅行を渡すのがTravel Nowらしい。なるほど。
旅行なんて思い立ったら行けばいいじゃないか!と富裕層は言うけど、
バカにならない料金がかかるからそうではない!でも「行きたいタイミング」はある!
だからこういうのを作ったそうな。
前者の方は、何故オンラインでなかなか旅行が決まらないか?というところにフォーカス。
行き先とか日時が決まらないとオンラインでは探せない・・・というのがネック。
ということでLINEでまったりと相談しつつ、最終的にその内容での手配をやってくれるらしい。素晴らしい。

dely www.dely.jp 会社名聞いてもピンと来なかったけど、kurashiruならわかる!
動画レシピとしては世界最強!?
ただし、世界展開しようとすると各国で文化が全然違うのが難しい
質問の中で起業家の資質は?というのがあったのだけど、
起業家の性格なんて人それぞれだけど、唯一共通していると思うものは、
「執念を持っている」と答えていたのが印象深かった
自分のプロダクトについての「執念」。その後ほぼ同じような話が別の人からも。

そういえば、Twitterの人も登壇していたのだけど、
前から思っている要望を思い出したから本筋と関係ないけど書いてみる(前にもどっかに書いた気が)。
鍵垢の人にフォローされたときの挙動なんだけど、

  • 鍵が掛かっていてもフォローされている人はその鍵垢のツイートを見ることができる
  • 鍵が掛かっていてもフォローされている場合は承認なしでフォロー可能

あたりに変更して欲しい。あまりにもUnfairな気がする。

目的と目標

Twitter TL眺めていたらこんなツイートが流れてきた

なんか以前会社の偉い人から似たような話を会議でされたなぁ?と思ったのでメモを探したら見つけた。

Goal(目的)→Objectives(目標)→Action Plan(活動)の順でブレイクダウンしていく。 実現はこの逆順。

約3年前でした。

第34回 WBA若手の会勉強会「実世界応用のための深層学習」with エクサウィザーズ

かなり久しぶりの更新。

wbawakate.connpass.com

前回参加がいつだったか覚えていないけど参加してきた。 「実世界応用」って辺りがタイトル的にツボったのが主な理由。

ざっくりと内容的には

  1. 双腕マルチモーダルAIロボットの仕組み
  2. エクサウィザーズの会社紹介
  3. オープンワールド認識

1と3について軽く。

双腕マルチモーダルAIロボットの仕組み

要はアーム付きロボットを不特定タスクに汎用SW/HWを使って適用するということがやりたいこと。 カメラセンサ以外にも複数のセンサ入力が存在して、それをもとにどのように操作するかを決定する。 面白かった/印象に残ったポイントは

  • 強化学習は使わない
  • 特に画像情報の次元数は他のセンサに比べてデカイ→次元の削減をする(AutoEncoder)
  • 各種センサの値域を合わせるために正規化
  • nフレーム未来をRNNで学習

オープンワールド認識

www.slideshare.net 実はこの発表の存在は当日行くまで知らなかった。ちゃんとイベントのページには書いてあるのに。 しかし、思った以上に面白い話でありました。学習していない未知のものを未知として扱うことができると。 これが求めていたものでは?とかちょっと思ってしまった。 詳細が気になるけど、まだ全然文献読めていないorz

コンピュータウイルスとは?

以前Twitterでも言ったけど、ウイルスの定義がわからん。。。
発端は毎年やっているE-Learningのその箇所をいつもより真面目に読んだこと。

IPA様はこんな定義をしています。以下に引用を。

「コンピュータウイルス対策基準」においては、コンピュータウイルスの定義を、
『第三者のプログラムやデータベースに対して
意図的に何らかの被害を及ぼすように作られたプログラムであり、
次の機能を一つ以上有するもの』としております。

(1)自己伝染機能
自らの機能によって他のプログラムに自らをコピーし又はシステム機能を利用して
自らを他のシステムにコピーすることにより、他のシステムに伝染する機能
(2)潜伏機能
発病するための特定時刻、一定時間、処理回数等の条件を記憶させて、
条件が満たされるまで症状を出さない機能
(3)発病機能
プログラムやデータ等のファイルの破壊を行ったり、
コンピュータに異常な動作をさせる等の機能

これを読んでて混乱したわけです。
この説明だととりあえずどれか1つだけを満たせばウイルスらしい。
で、(2)の潜伏機能だけのウイルスって有り得るの????というのが疑問。
症状を出す=発病だとすると、(2)を満たしていたら(3)も必ず満たすと取れる。
それならば、(1)と(3)のどちらか一方を満たせばウイルスでいいのでは?
(2)が入っているせいで混乱する