目的と目標

Twitter TL眺めていたらこんなツイートが流れてきた

なんか以前会社の偉い人から似たような話を会議でされたなぁ?と思ったのでメモを探したら見つけた。

Goal(目的)→Objectives(目標)→Action Plan(活動)の順でブレイクダウンしていく。 実現はこの逆順。

約3年前でした。

第34回 WBA若手の会勉強会「実世界応用のための深層学習」with エクサウィザーズ

かなり久しぶりの更新。

wbawakate.connpass.com

前回参加がいつだったか覚えていないけど参加してきた。 「実世界応用」って辺りがタイトル的にツボったのが主な理由。

ざっくりと内容的には

  1. 双腕マルチモーダルAIロボットの仕組み
  2. エクサウィザーズの会社紹介
  3. オープンワールド認識

1と3について軽く。

双腕マルチモーダルAIロボットの仕組み

要はアーム付きロボットを不特定タスクに汎用SW/HWを使って適用するということがやりたいこと。 カメラセンサ以外にも複数のセンサ入力が存在して、それをもとにどのように操作するかを決定する。 面白かった/印象に残ったポイントは

  • 強化学習は使わない
  • 特に画像情報の次元数は他のセンサに比べてデカイ→次元の削減をする(AutoEncoder)
  • 各種センサの値域を合わせるために正規化
  • nフレーム未来をRNNで学習

オープンワールド認識

www.slideshare.net 実はこの発表の存在は当日行くまで知らなかった。ちゃんとイベントのページには書いてあるのに。 しかし、思った以上に面白い話でありました。学習していない未知のものを未知として扱うことができると。 これが求めていたものでは?とかちょっと思ってしまった。 詳細が気になるけど、まだ全然文献読めていないorz

コンピュータウイルスとは?

以前Twitterでも言ったけど、ウイルスの定義がわからん。。。
発端は毎年やっているE-Learningのその箇所をいつもより真面目に読んだこと。

IPA様はこんな定義をしています。以下に引用を。

「コンピュータウイルス対策基準」においては、コンピュータウイルスの定義を、
『第三者のプログラムやデータベースに対して
意図的に何らかの被害を及ぼすように作られたプログラムであり、
次の機能を一つ以上有するもの』としております。

(1)自己伝染機能
自らの機能によって他のプログラムに自らをコピーし又はシステム機能を利用して
自らを他のシステムにコピーすることにより、他のシステムに伝染する機能
(2)潜伏機能
発病するための特定時刻、一定時間、処理回数等の条件を記憶させて、
条件が満たされるまで症状を出さない機能
(3)発病機能
プログラムやデータ等のファイルの破壊を行ったり、
コンピュータに異常な動作をさせる等の機能

これを読んでて混乱したわけです。
この説明だととりあえずどれか1つだけを満たせばウイルスらしい。
で、(2)の潜伏機能だけのウイルスって有り得るの????というのが疑問。
症状を出す=発病だとすると、(2)を満たしていたら(3)も必ず満たすと取れる。
それならば、(1)と(3)のどちらか一方を満たせばウイルスでいいのでは?
(2)が入っているせいで混乱する

Affine変換分解

嬉しい人がいるのか知らんけど、私はできて嬉しかった・・・・(応用先は出さんけど)
というわけで先日考えたやつをメモっておく
考えた時は真面目に検算もしたんだが、
この結果はそれ参照せずに適当に書いたから間違っているかもw
(2016/04/17 19:09 やっぱり間違っていたので修正。指摘ありがとうm(__)m

 {\displaystyle
\begin{pmatrix}
a & b & c \\\
d & e & f \\\
g & h & 1
\end{pmatrix}=
\begin{pmatrix}
1 & 0 & 0 \\\
\frac{d}{a} & e-\frac{bd+afh-cdh-bfg}{a-cg} & \frac{af-cd}{a-cg} \\\
\frac{g}{a} & 0 & 1
\end{pmatrix}
\begin{pmatrix}
a & b & c \\\
0 & 1 & 0 \\\
0 & h-\frac{bg}{a} & 1-\frac{cg}{a}
\end{pmatrix}
}

ssh のログインメッセージ

会社でbeerって名前のサーバを立てております。
これにログインしたときに

Welcome to Beer Server! Enjoy Beer!

って表示したいなぁ。。。って思って調べたらこれがありました
/etc/motd に表示したいものを記載すればOK。

積読本

森岡さんの本をずっと放置していた・・・

amzn.to

今確認したら5章の途中で止めていた。。。
積読処理を今年の目標にしようかと。

困ってます。。。PetaLinuxからネットに繋がらない

どうやらデフォルト(?)ではダメらしい

AR# 61117 - PetaLinux - システムのデバイスツリー DTS にイーサネット PHY 情報が含まれていない

いまいちどうしていいのかわかってない、、、
ちょっとだけ試したけど繋がらないまま放置中。
対処法募集中です。 Device Treeだけ弄ればよさそうな情報が多いようですが

環境:
zc702
Vivado 2014.4
PetaLinux 2014.4